top of page

~ Witch's Astrology Room ~

・中央の本棚

中央には本棚があった。

この本棚にはいくつもの魔法陣が描き記されている。

所謂「禁書棚」というやつだろう。

ふとその本棚を眺めていると、

その中に比較的新しい手帳のようなものが差し込まれていた。

その手帳が気になり、手に取る。

​中を覗くと次のような事が書かれていた。

『先日、子供を拾った』

森で彷徨っていたのか、それとも家族に捨てられたのか。

どっちにしろ、瀕死の状態なのには間違いなかった。

私は子供の手を握る。

小さな手だ。私が犠牲にしてきた人々と比べたら遥かにか弱い。

丁度欲しかった人材だ。私の星座にこの子供を足してやろう。

​私はその子供に「ポルックス」という名前を授けた。

bottom of page